セリアヤコの日記。~セリのセリによるセリの為の日記。~

セリのセリによるセリのための日記。 全セリが泣いた!!セリの半生をかけた感動の超大作!! になる予定。 予定は未定。未定な予定。

彼の嘘を見抜くたった1つの方法。【2014.06.01】

【2014.06.01】

f:id:seriayako:20170601233734j:image

 「安心して。信じて。」

なんていう台詞を口にしながら、
平気で嘘をつく彼。

 

私はその嘘を見抜けない。


否、見抜けないのでは無い。

見抜けないふりをしているのだ。

 

弱みを握られているせいだろうか。
そして彼は嘘に嘘を上塗りする。

「俺を信じて。」

嘘というものは、上塗りに上塗りを重ねると、ついた本人も、その嘘こそが真なのだというような感覚に麻痺してくるもので。

 

じっと ものも言わず
ただひたすら彼を見つめる私。
私を見つめる彼。

 

一瞬、その瞳の奥に、彼の正体を見た気がした。
私の瞳の奥には何がうつっているのだろう。
それは得体のしれない魔物かもしれない。

 

 

 

っていう感じでスマートフォン
「充電中だよ!!」って
嘘をついて充電してくれないのであります!!(´・ω・`)

充電○%っていうのも嘘つくし!!

さっき充電切れたし!!

というわけで、明日修理に出そうかと思っております。という業務連絡でした。

 

 

あでぃおす。

 

セリアヤコ。

※追伸

お写真は うちの近所のカラスの巣です。

 

題名にも写真にも

特に深い意味は無いですが、

虚言癖のある男とは

一緒に暮らしたことがあります。

どうでもいい情報。

 

 

ちなみに、嘘を見抜くつもりが無いときは見抜けないし、嘘を見抜くつもりがあるときは、秒殺です。

 

 つまるところ

ヤル気と集中力の問題です。

 「彼の嘘を見抜くたった1つの方法。」

それは

「ヤル気を出す。」

以上。( ´._ゝ`)

 

 

 でもね。

嘘を見抜く事って、

そんなに大切なことなのでしょうか。