読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セリアヤコの日記。~セリのセリによるセリの為の日記。~

セリのセリによるセリのための日記。 全セリが泣いた!!セリの半生をかけた感動の超大作!! になる予定。 予定は未定。未定な予定。

ねこなで声 のお話。

犬猫にはやたら好かれるが
ハムスターに嫌われる事でお馴染み
 
 
セリです。
 
ハムスターは、大体、
私の手にウンコして逃げます。
 
 
何故。(と書いて なにゆえ と読む)
 
さてさて。
 

道端で会った猫に

 
f:id:seriayako:20160515231510j:image
 
猫なで声をつかう娘。
 
 
「猫なで声」
最初に言い出した人は
誰なんだろう( ´._ゝ`)
 
猫に接している人は、
大体皆、本当に
「猫なで声」を発している。
 
というわけで
「猫なで声」と言い出した人の
観察眼に感心するわけで。
 
 
 
私が発見していたら、
多分絶対おそらく
 
「ねえ聞いてねえ聞いて
 
ねえ聞いてー\(^o^)/」
 
言いふらすに違いない。
( ´._ゝ`)キリッ⬅恥ずかしい人間
 
 
 
私は
猫に接し慣れていないので、
猫には
敬語をつかう。
 
幼児にも
敬語をつかう。
 
というか
赤子にも
敬語をつかう。
 
 
 
「人間生活」を送っていると
初対面の相手や接し慣れていない相手には
敬語で話す。それと同じ。
 
 
思っていたのだが
先日は
行く手を阻む
亀、そして虫にも敬語をつかっていた( ´._ゝ`)
 
 
そう
私は「人間生活」を送る事に慣れすぎて、知らず知らずのうち、万物に気を使い、小さく小さくなって生きていたのだ。
 
 
 
もっともらしい事を
思ったとか思っていないとか
どうでもいいとか。
 
 
あでぃおす。
 
 
セリアヤコ。
※追伸
猫なで声を出すものの、
ビビって触らないので、
猫に
「いや、なんやねんお前」
と思われた風でした。